どんな家族の記憶を子供に残したいですか?

先日、武蔵境にある
グルテンフリー米粉パンのお店
「こめひろ」さんに行ってきました。

 

日曜日だったので、
家族みんなで買いに行って
お店の前では
記念撮影までして(笑)

それくらい
このお店に行くのは
我が家にとって、
ものすっごく楽しみなことなんですよね。

 

ネットでは
アレルギー対応食品も
気軽に買えるようになってきましたけど

 

やっぱりお店で見て
好きな商品を選べる、というのは
格別のようです。

 

「アレルギーが良くなるように
食事は極力手作りで!」

 

「添加物、油の種類にも気を遣って
白砂糖、白米、白いパンは控えよう。」

 

今も、この考え方は
私のベースになっています。

 

マクロビ、陰陽、自然療法、マコモ、
玄米菜食、ホメオパシー、アロマ

 

色んなものを試して
良いものは取り入れるようにしています。

 

でも、かつての私は
「ここまでしないと絶対ダメ」と
自分を縛り付けていたような
ところがありました。

 

アレルギーに産んでしまった罪悪感だったり
仕事も辞めたんだから!
そんな気持ちが背景にあったんですよね。

 

そして、
いつもピリピリしながら
ごはん作りに時間をかけているから
食べる頃にはもうヘトヘト。
そして、こどもが食事を残すのが許せない。

 

そう、食卓まで
ピリピリした雰囲気だったな、
と思い出します。

 

本当は
もっと楽しく食事がしたいな。
ゆったりした気持ちで
家族と食卓を囲みたいな。

 

そんな気持ちがあっても

 

「今が体を作る大事な時期だから」と
自分の気持ちを打ち消すように
過ごしていました。

 

当時愛読していた本たち。今でも読みます^^

 

今の私は、冒頭の通り
たまには、お砂糖たっぷりの
パン屋さんにも行くし
疲れた日にはファミレスで外食もします。

 

それは、
ゆったりした気持ちで
いつもと違ったことをする時間が
こども達にも、私たち親にも
家族の大切な思い出になる
ということが分かったから。

 

それは
日常が安定していること
親もゆったりした気持ちでいられること
とセットかもしれませんが^^

 

そして、
健康な体、健康な食生活と同じくらい
家族で過ごすそういう時間を
こどもの記憶に残していきたい
ということを、強く思ったんです。

 

そう思えたら
ラクして楽しむことを
自分に許可できるようになったんですよね。

 

・・・・

 

あなたが大切にしたい
家族の時間は
どんなものですか?

 

どんな家族の記憶を
こどもに残したいですか?

 

一度自分に問いかけてみてください^^

 

あなたの中に、もしかしたら
今の現実とは違う答えが
あるかもしれませんよ^^