自分の気持ちに正直になること

こんにちは。“自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ  大坂和美です。

私は、長女が生まれてからの6年間、専業主婦でした。”専業主婦”を選ぶことができたのは、「当面働かなくても、食べていける。」(あくまで当面…)という状態だったから、とも言えます。それを「恵まれてるね」「こどものそばに居られて良いね」そう、言われることもありました。確かに、子どもの成長をそばで見られたのは幸せだったし、不満を言うなんて、おこがましいかもしれない。

でも、わたしは苦しかったんです。それも、まぎれもない事実。

「自分の人生を生きる」ためには

「自分の人生を生きる」そのためには、自分の本当の気持ちに正直になることが本当に大事!と、つくづく思う。誰かの「こうしたら?」や社会の「こうすべき!」ではなくて、自分の「こうしたい!」という気持ちに正直に行動した先に、“自分の人生”が広がっていくんですよね。

私の場合も、「苦しい」という気持ちを認め、「本当はどうしたい?」という問いに向き合うことから、始まりました。

大きなアクションじゃなくても、まずは、好きなものを食べる、好きな本を読む、そんなところからでも大丈夫。”自分の気持ち”にアンテナを立てて、その気持ちに正直に行動してみてくださいね。