「どうせ、わかってもらえない」と思った時に考えてみてほしいこと

こんにちは。“自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ  大坂和美です。

「どうせ、わかってもらえない」人間関係に悩んだ時、ついつい出てくるのが、この言葉。相手への不信感が積もりに積もって、自分の殻に閉じこもっている、そんな状態なのかなーと思います。客観的に分析していますが、御多分に漏れず、私にも、そんな経験があります。

それは、まだ長女が幼かった頃のこと。夫は単身赴任から帰国したばかりで、食物アレルギーの知識もなく、緊急時の対応(エピペンの打ち方とか)も、よくわからない状態でした。アナフィラキシーショックの現場も見ておらず、私よりも、アレルギーに対する認識が甘く見えた。(あくまで、私には、そう見えた)

そんな状況もあって、私は「どうせ、わかってもらえないから、アレルギーのことは私が全部やる」というスタンスで過ごしていました。

でも、そんなスタンスでいた結果、どうなったと思いますか?当たり前かもしれませんが、「いつまで経っても、わかってもらえない」状況に陥ったのです。

つまり、「どうせ、わかってもらえない」と自分が思うことで、私自身が、夫を「いつまで経ってもわからない」状態に追いやってしまったのです。私自身が相手を”わかってくれない人”に仕立て上げていたのです。

私の場合、幸いにして(なのか?)、夫のアレルギーへの認識を高めてもらうことが、長女の命を守ることに直結することだったので、気持ちを伝え、会話することで、そこから脱却することができました。夫ではなく、私の中の前提を「どうせ、わかってもらえない」から「わかってもらえるかもしれない」に変えることで、状況が変わったのです。

相手が全然わかってくれない!そんなふうに思う時は、自分の中の前提を疑ってみてください。そこに気づくことが、人間関係が変わる一歩かもしれませんよ。