情熱を捧げられる何かを見つけたいのなら、すべきこと

こんにちは。“自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ  大坂和美です。

「情熱を捧げられるものを見つけたい!でも見つからない」

クラアントさんとのセッションの中で、よく話題になる話です。

私自身も、子育てに専念していた頃「私が情熱を向けられるものって何?」と、ずっと探して、悶々としていたので、その気持ち、すっごくわかるんです。企業での人事経験を活かして社労士資格でも目指す?在宅で仕事ができるようにWebデザイナーでも目指す?いろんなことにちょいちょい手を出してみて、そこそこ楽しかったものの、「なんか違う!他を探そう」みたいな、、

でも、今振り返ると、そりゃー見つからなくて当然だったな、と思うんです。だって、社労士資格も、Webデザイナーも、なんとなく、受かったら安泰かな、とか在宅でできるなら、それもありかな って、メリットを並べ立てて、頭で損得を考えていたから。

情熱って、心で感じるものなのに、頭でいくら考えても、見つかるわけがないですよね。  

「情熱を捧げたい何かを見つけたい!」と思ったら、まずはじめにやってみてほしいこと。それは、自分の心がピンと来たものを大事にして、ピンと来たなら、とにかく行動に移してみること。

それが最終的に、情熱を持ち続けられるものになるのか、その時点ではわからないし、これに生涯情熱を捧げたいと本当に思えるかな?ならなかったら無駄だよね?と思うこともあるかもしれません。この損得勘定が厄介で、自分で自分にブレーキをかけてる、なんてことは、よくある話です。

それでも、やってみなければ、いつまで経っても何もわからないし、逆に、やってみることで、その先に繋がる気づきが何かしら、必ず得られるはずです。

それは、「本当にやりたいことは、これかも!」ということかもしれないし、「これじゃないかもな」ということかもしれません。でも、そのどんな気づきも、自分を知り、次に進む学びになりますからね。   何一つ、無駄なことはないのです。