自分の常識にがんじがらめになっている方へ

こんにちは。”自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ大坂和美です。

今日は「こうあるべき」「これが正解」という自分の常識にがんじがらめになっている方に向けて書きたいと思います。

私には、かつて「子供にとって一番必要なのは母親」という自分の常識がありました。子供と過ごす時間は量より質!とか色々な人に育てられることにもメリットがある!とか、見たり聞いたりすることがありましたが、頭では理解できても、心からそう思うことはできなくて「子供にとって一番必要なのは母親」と、ずっとそう思っていたんです。

自分の常識って自分の大切にしたいことでもありますから、その常識を自分の喜びに変えられるのであれば、それも良いと思うんですけどね。

私の場合、3人の幼児を平日ワンオペ育児で育てながらどんどん疲弊していったんです。自分の中の常識にとらわれて自分をどんどん追い込んでいったのです。

そんな私は、今自分の中の常識を覆して「母親だけが必要なわけじゃない」と心から、思えるようになりました。それは、なぜか。

ひとまずやってみたから、なんです。

ひとまず、子供を預けることから、はじめてみた。私にとって、それは自分の常識に反することだったから、はじめは、とっても勇気が必要でした。でも、ひとまず、やってみたんです。

そうしたら子供は子供で、信頼できる大人達と私にはできない遊びを経験していて、すごく楽しそうだった。私も、思った以上にリフレッシュできた。そんな景色を味わうことができたのです。

その後もトレーニングのような気持ちで、頭で理解していることを行動に移してみたんです。そうするうちに、前回も大丈夫だった、今回も大丈夫だった、という経験が積み重なって、本当に大丈夫なのかもしれない!と、自分の中の常識がだんだんと変わっていったんです。

だから、もし、自分の中の常識にがんじがらめになって苦しんでいるのであれば、「こうできたら良いな」と思うことを、トレーニングのような気持ちで、とりあえずやってみてほしいな、と思うのです。スポーツでも、上達したければトレーニングしますよね?それと同じです。

とりあえずやってみたら自分の中の常識が変わっていくかもしれない。あるいは、自分が本当に大切にしたいものが、研ぎ澄まされていくかもしれない。いずれにしても、今とは違う景色が見られて、あなたの望む未来に近づくはずですよ。