「自分を整える」って何が起きても揺らがないこと?

こんにちは!”自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ大坂和美です。

今日は、「自分を整える」 ということについて お話ししたいと思います。

ライフコーチをしていると、クライアントさんから 「え?大坂さんでも落ち込むこととかあるんですか?」 と驚かれることがあります。 

コーチをしている 
=自分を整え続けている 
=何が起きても揺らがない軸があるのでは?

と思われているのかもしれません。実際は、全くそんなことないのですが。私も、人間ですから、落ち込むこともあれば、嫉妬することも、羨ましいと思うこともたくさんあります。 

でも、そこで終わることもないな、とも思います。

たとえば、何かに落ち込んでいる時には「あー私、落ち込んでるな」「なんでこんなに落ち込んでるんだろう?」「私の中の何に触れたんだろう? 」「本当はどうしたいと思ってるんだろう? 」と、自分との対話を繰り返しています。

そうすると、自分というものが、より深く理解できるようになるんですよね。

だから、その起点として、感情が揺さぶられることは、むしろ大歓迎!だったりするのです。

そして思うのは、「自分を整える」とは、揺らがないことではなく、揺らいでも戻ってこられる自分になることなんだということ。

ぐわんぐわんに揺れても、それをキッカケに、新しい自分として再び立ち上がることができたら、それこそが「自分を整える」こと。

だから、落ち込んでる自分も、嫉妬する自分も、羨んでる自分も、 ぜーんぶアリ。ぜーんぶOK。

たくさんの感情を味わって、思う存分揺さぶられて、どんどん新しい自分を整えていきましょう!