「ママも自分を大切に」という言葉だけでは変われない

こんにちは。”自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ大坂和美です。

昨今、至るところで「ママも自分を大切に」という言葉を聞くようになりました。今でこそ、私自身も、その言葉の意味するところを噛みしめて、味わえるようになってきましたが、「その言葉だけじゃ変われない」という人も多いだろうな、と思います。

・自分を大切にするってどういうこと?
・自分の好きなことをするってこと?
・そもそも自分が何をやりたいかもわからない

私自身、子どもができてから、長くそう感じてきましたから。

思い出すのは、まだ次女が生まれたばかりの頃。夫が育休を取ってくれていたのですが、私は終始寝不足で、当時5歳の長女や、2歳の息子は赤ちゃん返りもしていて、家の中も子供も私もカオスだったんですよね。

そんな、ヘトヘトを通り越して、ヘロヘロな私を見かねた夫が「ちょっと出かけてきたら?」と言ってくれたのです。

私も、このままじゃダメになる、という感じがあったので、夫の温かい言葉を受け取り、子ども3人を夫に預けて、少しの間、外出することにしました。

でもせっかく、1人の時間を持ったのに、日々、目の前の「今」に追われすぎて、自分が何をしたいのかもわからないし、こんなことしてるより妹が生まれて不安定になっている上の子達と、遊んであげたほうが良いんじゃないか?とか、色々な気持ちが交錯して、結局、「何かしなきゃ、でも何する、私?」と、ソワソワするだけで終わってしまったのです。

むしろ、疲れて帰宅して夫に呆れられる始末。

そんな時期を振り返って思うのは、「自分がどういう人生を生きたいのか、描くことが大事」ということ。

「今」だけでなく「未来」を見据えて、大切にしたい価値観や、大切にしたい人との関係性を思い浮かべながら、自分の願いをクリアにすること。

そうすることで自分に軸ができて、自分自身や、人生をハンドリングすることができるようになり、家族との関係性も格段に良くなりますから。

「自分を大切に」と言われてもどうしたら良いのかわからない。変われない。そんな時こそ、一度立ちどまって、自分の願いや大切にしたいものを見つめる機会を持ってほしいな、と思うのです。

遠回りのようですが、そうやって自分の軸を整えることで、「自分を大切に」することができるようになります。

 

私自身も、今は、「自分を大切にする」とは自分にとってどんなことなのか、わかるようになり、子ども達や家族の時間と同じくらい、自分の時間も大事にできるようになったし、そんな自分に罪悪感を持つこともなくなりました。

むしろ、自分を大切にすることで湧き出てきたエネルギーを、家族に良い形で循環させられているなと実感していますよ。