もし、自分の人生の映画監督だったら?

こんにちは!”自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ大坂和美です。

前回は「これが最高の道」を選び続ければ、最高の人生にしかならない、という記事を書きました。

本当に、心からそう思います。

でも「うん、そうなんだけどね」「そうは言ってもさ」と躊躇する時もありすよね。それが悪いことではないですし。私達は、今のままの生活を続けていても、そこそこの幸せを感じられると知っています。だから、わざわざリスクを取って、もしかしたら後悔するかもしれない何かにチャレンジするのか、それとも今の生活を続けるのか、を天秤にかけて、「とりあえず今のまま」を選択するのも、ごく自然なことかもしれません。

それは、大なり小なり私自身にもあることで、今までの自分ならやらないことに取り組もうとする時は、迷いますし悩みます。

そんな時、私はこんな視点で考えてみることがあります。

自分の人生の映画監督だとしたら、主人公である私に、どんな道を進ませたいだろう?

ハッピーエンドになることが決まっているその映画。主人公が、いま人生のある局面で迷っています。さてこの先どうしますか、監督?

そうやって、少し高い視点から眺めてみると、大事にしたいものが、より際立ち、逆に、これは気にしなくても良いかな、と思うものにも気づけると、私は実感しています。

何か、この先に困難があったとしても、それは、未来の自分がなんとかすることでしょう、なにせ、ハッピーエンドだと決まっているわけだから、と思えたりもします。

逆に、映画監督として今の自分を見た時に「なんか雑だな」「それで良いのー?」と喝を入れたくなる瞬間もあり、自分を振り返って、自分を整えていこうと思うキッカケにもなります。

自分の人生の映画監督だとしたら?ぜひご参考くださいね!