「これが最高の道」を選び続ければ、最高の人生にしかならない

こんにちは!”自分の未来”が描けないあなたのライフコーチ大坂和美です。

私は、かつて自分が通っていた大学のある街で暮らしています。そうすると、時折、大学生時代の同級生や後輩が、私のもとを訪ねてきてくれることがあります。

30代後半。自分の人生を、この先どうしたいのか、考える時期なのかもしれませんね。

ワーキングマザーとして日々を一生懸命乗り切っていたり、管理職として活躍を期待されていたりする、彼女彼ら。

きっとすべては自分で選択して得た結果なんだろうけれど、選択の基準にしてきたものは「なんとなく、これが正解」だったり「出世ラインから外れるのはイヤ」だったり・・・社会や組織が求めるものに、うまく適応し続けられてきた人だからこそ、悩んだり、考えたりするものがあるんだろうな、と思います。

私は、ある意味、悩むこともなく、そのレールから強制的に降りることになりましたし(降りることができたと思っています)、降りた当時はまだ入社7年目でキャリアも浅かったから、「えいや!」で今の道に飛び込みましたが、抱えているものが大きくなればなるほど、迷うこともありますよね。

それでも、やっぱり・・・やりたいことはやったほうが良いよ!と思うのです。

一度きりの人生だから。自分の人生は自分のものだから。もう30代も後半に入ると、いつまで、今みたいに健康でいられるかわからないから。

いろいろ不安はつきものかもしれないけれど、自分の心に問いかけながら「これが、今の自分が選びたい最高の道」だと思って、その都度その都度選択し続けていけば、それは結果的に、最高の人生にしかならないから。

すべてを一気に変えなくても、できるところから、少しずつでも良いですよね。まずはやりたいことをやってみる時間を意識的に取ってみる、というのも大きな一歩。意識しないと、あっという間に1年が過ぎていきますから。

と言われても、長年「こうすべき」の世界で生きてきて、自分がどうしたいかなんて、もはやわからない・・・そんな方は、ぜひコーチを雇ってみてください。自分の思いを紐解いて、どんな人生を願っているのか、クリアにしていくサポートを得られると思いますよ。