コーチングで私の何が変わった?before→afterと感想。

こんにちは。ライフコーチ 大坂和美です。

先日、コーチングプラットフォームのアシスタントトレーニングに参加してきました。

テーマは『体験談を作る』

コーチングを通して私の何が変わったか、ということを、もっともっと伝えられるようになりたいと思って、参加することをとっても楽しみにしていたのですが、終わってみたら、もうヘロヘロでした、泣きすぎて(笑)

全然そんな予定じゃなかったので、あんなに泣く?と自分でも本当にビックリ。

「コーチングを通して何が変わったのか」

そこには、私の中の before → after のストーリーがあって、beforeにアクセスすることは必須。

救いを求める気持ちでコーチングに出会った私にとって、当時を思い出すことは、未だに辛いものでした。

子どもが生まれたらキャリアと子育てを両立したかったのに、それが子どもの重度食物アレルギーで叶わないとわかったあの頃。

「自分のことは、こどものあと」

そう決めて、子どもに向き合おう、食物アレルギーの治療に向き合おうと思っていたはずなのに、一向に良くならない経過と社会から取り残される不安で、焦ってばかりいて、いつしか子どもの幸せすら願えなくなった私。

無力感と被害者意識に苛まれながら、目の前に広がる混沌とした光景を虚ろな目で眺めていたことが、今でもクリアに思い出されます。

「このままじゃ、子どもも私もダメになる…」

そこまで追い詰められていた私にとって、ライフコーチに連絡を取ったことは、まさに救いを求めるようなことでした。

そんな自分の before に立ち戻ると、今でもまだ感情が揺さぶられる…

今回のトレーニングでは、それがわかりました(^^;

そんな私は、自分にコーチをつけて、そしてコーチングを学んで何が変わったのか?

一番大きいのは

自分も家族も大切にする道があると知ったこと
その道を選べるようになったこと 

でした。

実際、コーチングを受けて半年経ったころには、コーチングを学んでみたいという気持ちを夫に伝え、理解してもらって、6歳、4歳、1歳の子ども達を夫に預けながら、月に1回半年間、コーチングの講座に通い始めることができました。

毎週金曜日の22時からは、オンラインでのトレーニングもあったので、本当に必死だったけれど、それを上回るくらい、私はコーチングに魅了されていて、とっても楽しかった。

そして、半年間のコーチング講座の卒業と時期を同じくして、次女を保育園に預け、パートで仕事復帰。

子ども達の気持ちをききながら

「お迎えのあと、ちょっと遊んで帰りたい」

と聞いた日には、一緒にカブトムシを採って帰ったり、必死だったけれど、とても豊かな時間を過ごしたことを思い出します。

当時の写真も発見!

さらに2年経つ頃には、2泊3日家をあけ、ずっと行きたいと思っていた自己基盤強化合宿(というコーチングの合宿があります)に参加することもできました。

あの時は、その合宿に参加できたことそのものが嬉しくて嬉しくて、講師の方から見ても、私はとても楽しそうだったそうです。

そして今は、コーチ業のほか、仕事の幅を広げて法人の業務に携わることも叶いましたし、朝は健康のために散歩を習慣にすることもできました。

「散歩?それって、自分も家族も大切にすることと何が関係してるの?」

と思われるかもしれません。

でも、いつも子どもの気持ちを察するばかりで

「朝、起きた時にお母さん(私)がいないと寂しい気持ちになるかもな…」

と足踏みしていた私にとって、とても大きな一歩でした。

自分を犠牲にして悶々として、ある日突然爆発して家族を傷つけていた私は、自分のやりたいことを家族に伝え、家族の気持ちもききながら、自分も家族も大切にすることを実現できるようになりました。

家族のために自分を犠牲にするか?
自分のために家族を犠牲にするか?

その選択肢しか知らなかった私にとって、それはとっても大きなことで、新しい道を知ることができて、本当に良かったな、としみじみ思っています。

・・・と、トレーニングの場では、そんなことを思い出して、号泣しながら言語化して、たくさんの承認をいただいて、最後にはもう、放心状態でした(笑)

**

さて2022年は、どんな道を進んで、どんな経験をしていこうか。

新しい体験を作っていくことが、今とっても楽しみです。

ブログの感想や、ライフコーチ大坂和美へのお問い合わせなど、公式LINEより、お気軽にご連絡ください。

 友だち追加

公式ブログはこちら。よかったら他の記事もぜひご覧くださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

大坂和美

自分の未来が描けないあなたのライフコーチ。国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)。ライフコーチワールド認定コーチ。重度食物アレルギーを持つ我が子の子育てに専念するためキャリアを断念し専業主婦となった経験から、育児等を理由にキャリア継続を断念し子ども優先で生きてきた女性が、子どもも自分も大事にしながら自分らしい生き方を実現することを、コーチングを通して支援している。