知らぬ間に娘が友達とリビングで遊んでた?! 境界線を引くこと。 

最近小4の長女が、お友達と家で遊ぶことにハマっています。

自分の部屋を持てたし、サンタさんに任天堂スイッチをもらったし、楽しそうに、毎日毎日いろいろなお友達を呼んでいて。

換気全開、空気清浄機をぶんぶん回して、一応、宿題も一緒にやってるみたい。

それに、長女には食物アレルギーがあるので、私にとっても、家で遊んでもらうほうが、正直安心です。

それが一昨日のこと、ちょっと驚くようなことがあって、とても動揺しました。

私が別室で仕事をしていると、長女が

「今日はお友達と家で遊ぶね」

と言って、お友達を自分の部屋に連れて行きました。

にぎやかな声が聞こえてきて、そこまではいつも通り。

でもそのあと、なんかバタバタしてるなぁ、と思ったら、長女が突然、私に

「ちょっと今、テレビにゲームをつなげようと思ってる」

と言ったのです。

「え??もうリビングにみんなで入ってるわけ?」

「お母さんに何も言わずに、勝手にお友達をリビングに入れちゃったわけ?!」

もうビックリ。

もちろん、娘には悪気はなくて、私がすごく反応しただけ。

でも、すっごくザワザワして、結局、そのタイミングでは長女に

「そういうのやめて!」

と強いトーンで言ってしまいました。

さて、その時いったい、私の中で何が起きていたんだろう?

少し落ち着いたタイミングで思いを巡らせてみると

「あぁ、私は境界線を越えられたと思って反応したんだな」

ということに気がつきました。

子どものお友達がリビングに入る、ということ自体がイヤなわけじゃないんです。

むしろ、長女が小学校に入学してから2年間、毎朝、お家の人の出発時間が早いお友達が我が家に来て、30分一緒に過ごす、ということも、していたくらいだから。

でもそれは、事前の合意があったから成し得たことで、知らぬ間に入られているのとは、私にとっては別のこと。

『私にとっては』というのがポイントで、人によっては、知らない間に子どもがお友達をリビングに入れても、何も感じない人もいるかもしれないし、逆に、何があっても子どものお友達が家に入るのはちょっと、、という人だっているかもしれない。

だから、あくまで『私にとっては』の話。

それでも、私にとっては、知らない間にリビングに入られることは、境界線を侵されている感覚があって、心地悪いものだから、そこに対しては、向き合って対処していきたいところ。

で、結局私が思い至ったのは、

子どものお友達がリビングに入るのはOK!むしろ歓迎。

(そうなんかい、って自分でツッコミました(笑))

そもそも人が集まる家にしたいわけだし。

ただ、他の家族もいるし、準備もしたいから『事前に聞いておきたい』ということ。

ということで

「お母さんはこう思うんだけど、あなたはどう?」

と長女と話をして

「お友達とリビングに入って遊ぶのは良いから、今度からひとこと、事前に言ってね」

ということで着地しました。

それぞれが安心できる領域を確保して、お互いが自分らしく居心地よく関わる

コーチングの学びの中で出会ったこの一文って、まさにこういうことなんだろうな。

理解が、またひとつ深まったような気がします。

ブログの感想や、ライフコーチ大坂和美へのお問い合わせなど、公式LINEより、お聞かせください。

 友だち追加

公式ブログはこちら。よかったら他の記事もぜひご覧くださいね。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大坂和美

自分の未来が描けないあなたのライフコーチ。国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)。ライフコーチワールド認定コーチ。重度食物アレルギーを持つ我が子の子育てに専念するためキャリアを断念し専業主婦となった経験から、育児等を理由にキャリア継続を断念し子ども優先で生きてきた女性が、子どもも自分も大事にしながら自分らしい生き方を実現することを、コーチングを通して支援している。