ケアが必要な子の育児。「こんなはずじゃなかった」と思っても、誰にも言えない。

こんにちは。ライフコーチ大坂和美です。

先日、私にしては珍しく、外で友人とランチしました。

普段の昼ご飯は、納豆たまごかけごはんにキムチとねぎをのせて、台所でかきこむ感じですから、プロの味や盛り付けに感動!

ちなみに写真の左上、水色の小鉢にのっているチーズケーキ。

これがグルテンフリーだそうで、それで、このお店に行ってみたいなと思った、という、そんな感じです。

で、その友人と話していて、首がもげるほど共感しあった話がありました。

~~

ケアが必要な子を持つと、そういう子に産んでしまった罪悪感もあって、子育てに向かう気持ちが特に強くなる。

この子の為に一生懸命やろう!って。

自分のことは横に置いといてがんばるのが基本なんだけど

そう毎日毎日コンディションよく、がんばれるわけじゃくて

時々「こんなはずじゃなかった」と心の奥で思うこともある。

でも、そんなこと誰にも言えない。

子どもには絶対に言いたくない。

病院では子どもの治療の話をするし、自助団体でも基本は子どもの話。

一生懸命頑張っている周りの人に、そんなこと言っちゃいけない、とすら思う。

~~

こんなこと言っちゃいけないって、自分の気持ちに蓋をして、それが苦しいんだけど

「苦しいなんて言っちゃいけない、これは私が背負う道なんだ」

って私は思ってました。

でも、蓋をした気持ちは、蓋をしているだけだから、なくなるわけではないんですよね。

コンディションが最悪の時には、それが爆発して出てきて・・・

ということを、何度も経験しました。

もし、それが子どもを苦しめるのだとしたら?

「苦しいなんて言っちゃいけない、これが私の背負う道」

その道ではなく、別の道に進むことを真剣に考えてみても良いのだと思うのです。

もし、今も、そんなふうに感じている人がいたら、私に話をきかせてもらいたいなぁ。

お話しをしながら、自分も家族も大切に生きる未来を、自分らしく創っていく、そんなお手伝いがしたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

大坂和美

自分の未来が描けないあなたのライフコーチ。国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)。ライフコーチワールド認定コーチ。重度食物アレルギーを持つ我が子の子育てに専念するためキャリアを断念し専業主婦となった経験から、育児等を理由にキャリア継続を断念し子ども優先で生きてきた女性が、子どもも自分も大事にしながら自分らしい生き方を実現することを、コーチングを通して支援している。