ライフコーチングとは

大坂和美の考えるコーチングとは

「人生を真剣に生きたいクライアントの成長を支援する、コーチとクライアントで織りなすパートナーシップ」©lifecoachworld

多くのコーチングは「目標達成」にフォーカスしていますが、「目標達成」は、クライアントが自分らしく「成長」した結果、当然に手に入るものだと考えています。

むしろ「目標達成」にフォーカスしてしまうと、無理矢理やりたくもないことに取り組んだりするなど、自分らしさを失う方向に行ってしまう危険性がありますよね?

ライフコーチングが扱うのは、人生そのもの。

だからこそ、無理やりにではなく、自分を知り、自分らしく「成長」した結果、目標達成できるように、いつもクライアントの「成長」にフォーカスしています。

ライフコーチングの効果

セッションを通じて、自分がどんな人間なのか客観的に見つめられるようになります。

また、コーチからの問いやフィードバックを通して、今まで気づくことのなかった自分に気づき、その自分についてどう思うのか?本当はどうなりたいのか?そのギャップをどう埋めていくのか?自分で答えを出し、納得して行動できるようになります。

それらを繰り返すことで、自分のことが明らかになり、自分の取り扱い方がわかるようになり、自分の人生を生きるための基盤(自己基盤)が整っていきます。その結果、望む未来を実現して当然のあなたに成長していきます。

ただ、コーチをつければ、すなわち変化が起きる、ということではありません。人によって必要な時間・スピードは異なります。そして、あくまで、この変化を引き起こすのはあなた自身。

あなた自身が「自分の人生は自分で創る」と決めることが大事で、そう決めれば、きっとここに挙げた以上に素敵な未来が待っていると、私は信じています。

そして私は、そんなあなたの100%味方となって全力で応援します!

コーチングテーマの事例

あなたが生きる上で関わるすべてのことがテーマとなります。

・モヤモヤした気持ちの理由がわからず、悩んでいる
・エネルギーが沸いてこず、落ち込んでいる
・1年後どうしたいか、未来を描きたい
・子供への罪悪感から、やりたいことがあっても踏みだせない
・子供やパートナーとの関係性を良くしたい
・もっと子育てを楽しみたい

「何をテーマにしたらいいかすらわかりません。でも、何かにモヤモヤしています」こんな風におっしゃる方は少なくありません。まずはそのモヤモヤを紐解いていく、というのも、テーマになりますので、ご安心ください。

また、コーチングというと、ビジョンを描き、目標を明確にし、やることを明確にしていく、前に進む「エネルギー」になるテーマを話さなくては、と思っている方も多いようですが、前に進むことを妨げている「おもり」を降ろしていくようなことも、テーマになり得ます。

出逢いたいクライアント

・自分を好きになりたい
・毎日を満たされた気持ちで過ごしたい
・仕事や進路に悩んでいる
・子育てに追われて、自分が置き去りのような気がする
・パートナーと仲も良く子どもも可愛いのに、なぜか心が満たされない
・「妻」や「ママ」だけじゃなく、「私」の人生を生きたい
・好きなこと、やりたいことがわからない