プロフィール

1982年生まれ。食物アレルギー児2人含む3児の母。東京都在住。

大手企業勤務の父と専業主婦の母の元に生まれ、国立の中高一貫校に進学、一橋大学に現役合格。卒業後はリクルートグループへ就職。営業・人事を経て、28歳で結婚・出産。

夫の中国単身赴任中、第一子が1才の誕生日を祝った翌日にアナフィラキシーショックで救命救急センターに緊急搬送。生死を彷徨う。医師から「当院で過去一番重症」と告知。

保育園入園拒否により、キャリア継続を断念、専業主婦へ。

第二子も重篤な食物アレルギー発症。「自分のことは子どものあと」と治療に専念するも成果なし。

社会復帰の目途も立たず、「アレルギーさえなければ」と子どもを責める自分の声を聞いた時、「このままじゃ、子どもも私もダメになる」と思い、ライフコーチをパートナーとして人生を再構築することを決断。

自分と向き合う中で、子ども達のありのままを受け入れ、共に幸せに生きるためには、自分を犠牲にして家族のためにがんばるよりも、自分も家族も大切にするほうがうまくいくことを実感。

現在は、ライフコーチとして、自分よりも家族のためにがんばり続けている人が、自分も家族も大切にしながら、望む未来を実現することをサポートしている。

【ビジョン】
自分も家族も大切にしながら、ひとりひとりが、望む未来を実現する世界を!

【ミッション】
家族のためにがんばり続ける人の孤独をコーチングでなくす

【資格】
・国際コーチング連盟認定コーチ(ACC)
・ライフコーチワールド認定ライフコーチ
・コーチングプラットフォーム認定コーチ

【その他の活動】
・2015年~食物アレルギーの子と親の交流サークル「にこにこ」主宰
・2020年~食物アレルギーのある今を楽しむオンラインコミュニティ主宰
・2020年~子ども家庭支援センター運営協議会委員
・2021年~食物アレルギー親子食堂PRJ参画

様々なライフスタイルを経験

【月100時間残業の会社員】
新卒入社後、やりたい仕事に没頭。産休に入るまで、毎日終電間際まで働いていた仕事大好き人間。

【育休3年、専業主婦3年、市民活動】
結婚後、第1子・第2子を2歳差で出産し、育休3年・専業主婦3年。3人の子ども(女/男/女)を授かる。5歳・3歳・0歳の育児に翻弄された頃、ライフコーチングに出会い、学びをスタート。また、子連れで食物アレルギーの当事者家族活動を開始。

【パート勤務とライフコーチのパラレル】
第3子が1歳半の時に、パート勤務とライフコーチのパラレルキャリアをスタート。

【ライフコーチとして独立】
パートを退職→個人事業主へ。

【ライフコーチ&法人の業務委託スタッフ】
女性の働き方支援をミッションとする法人にジョイン。多方面から「女性の生き方」支援を目指す。

私の生き方・働き方の変化に伴って、3人の子ども達は、自宅保育・幼稚園・こども園(1号/2号)・学童と、様々な保育を経験しました。

好きなものと嫌いなもの

【好きなもの】
・適度に自然のある街
・運動
・スタバ
・おにぎり
・コテージキャンプ

【嫌いなもの】
・注射
・しいたけ
・へび
・幽霊
(小さい頃からずっとこの4つが無理)

自分史はこちら

大坂和美の人生ストーリーを自分史にまとめました。 どんなコーチなのか、あなたとの相性を確認する、参考にしてくださいね。